MENU

後衛ポジションの役割

9人制のママさんバレーの守備の要とも言えるのが後衛のポジションですね。
ブロックから縦に抜けてきたスパイクやコートの隅などのボールを安定したレシーブを行うなどの役割が求められます。

 

 

更に、味方が大きく後ろにはじいたボールを追いかけて、コートの後方から二段トスを上げることも多くなるので、長い距離をトスが出来るように普段から練習しておくことも大切でしょう。

 

 

また、ママさんバレーの攻撃型(5−1−3)、守備型(4−2−3)のフォメーションのどちらでも、後衛の人数は3人とお同じですが、守備範囲は変わってきますね。
攻撃型の場合は、中央にきたボールに対しては、ハーフセンターが一人なので、後衛のレフトやライトが必ずフォローに入るようにしなければいけません。

 

 

一方、守備型ではハーフが2人いるので、高めのボールはハーフが対応するようになるので、後衛は低めのボールは確実にセッター返せるようにする必要があります。
バックセンターは、ハーフの間にきたボールに対してはフォローに必ず入るようにしましょう。

 

 

このように、コート全体を見渡せることができるのが後衛のポジションになるので、どんなピンチでも冷静に判断し、相手を観察し、チームの戦術に生かすようにすれば強いチームになれる筈です。

 

 

なお、後衛のポジション決めに悩んでいるようなら、守備力の高い選手は何人いるのか、二段トスが得意なママさんは誰なのか、観察力に長けている選手はいるのかなど、これらをチエックしてみましょう。

 

 

この元オリンピック銅メダリスト江上由美監修のママさんバレー上達の極意(DVD)では、ブロックに入る人数によって、バックが入る位置は当然変わりますので、具体的にどうしたらいいか?様々なケーススタディに合わせて解説してあります。

これで守りのスキルが上達し、失点を防ぎながらも得点につなげられるようになるでしょう。
※新たにチームに加入した選手、新チームが始動したばかりの関係者にとって目からうろこのような内容となっています。

 

相手のスパイクに対して適切なポジションを取る方法をお教えします!

 

ママさんバレー上達の極意の詳細を見てみる