MENU

ディグのフォーメーション

ディグ(スパイクレシーブ)のフォーメーションはどのようにしていますか?
9人制のママさんバレーではローテーションがないので、固定したポジションでプレーしたほうが自分の役割や動きもはっきりしますね。

 

 

それには、チームの特徴を活かして守備範囲を決める必要があります。
例えば、前衛に高さがあり、ブロックの得意な選手が揃っているようなら、左右のハーフが前衛に上がった現在の主流となっている5−1−3の基本のフォーメーションにします。

 

 

そして、相手のレフトからのスパイクに対しては、前衛(HR.FR.FC)を3枚にし、ハーフもブロックに跳びます。セッター(FC)がでトスを上げられない時は、ハーフセンター(HC)がボールを繋ぐようにします。

 

 

また、相手がセンターから攻撃してきた時には、レシーバー間のスペースが重なりあうように守備範囲を決めておき、ブロックの左右間を抜けてきたボールに対応出来るようにしましょう。

 

 

逆にチームに高さがなく守りを固めたいなら、5−1−3より多少守備的な前衛の選手が4人並び、その後方につなぎ役のハーフが2人、更に後衛が3人並ぶ4−2−3のフォーメーションにします。
相手のレフトからの攻撃に対いては、前衛のブロックを2枚(FR.FC)にして、FLなど前衛の一人がフェイントなどのカバーに入ります。

 

 

セッターがトスを上げれない場合は、ハーフと前衛は二段トスのフォローに入れるように準備しておきましょう。
なお、理想を言えば各メンバーにあったフォーメーションが良いですが、ママさんバレーは相手があっての競技なので、やはりこの現在主流のどちらかのフォーメーションを採用するのが妥当でしょう。

 

 

相手のスパイクに対して適切なポジションを取る方法をお教えします!

 

ママさんバレー上達の極意の詳細を見てみる