MENU

ハーフポジション役割

ハーフポジション役割がしつかり出来ていますか?
9人制のママさんバレーボールの中心とも言えるのがハーフポジションですね。

 

 

フォーメーションは色々ありますが、現在ママさんバレーで主流なのが5−1−3という布陣になります。
ネット前に前衛が5人並び、その後ろにつなぎ役にハーフセンター、更にその後ろの3人のバックが並びます。

 

 

このフォーメーションは、オープンや平行、二段攻撃などの最も攻撃力の高い選手をネット際の両サイドに配置されることから、ハーフが核となるポジションと言えるでしょう。

 

 

また、守備的布陣の場合は4−2−3で、その中心となるのがハーフセンターで、HRとかHRのどちらかがコートの中央に入り、ブロックで抜けてきたボールやつなぎに対応して、パスを安定させるようにします。

 

 

その為、威力のあるボールは、オーバハンドでトスを上げたり、緩いボールには正確にレシーブ、乱れたボールに対しては二段トスを上げるなど、多用な役割が求められるポジションになるので、守備と繋ぎの両方とも出来る選手が良いでしょう。

 

 

また、周囲に的確な指示を出せる選手を配置したほうがチーム力もあがると思います。
ですので、ハーフのポジション決めでのポイントは、攻撃力の高い選手は何人いるか、更にどちらのサイドから攻めるのか得意なのか、守備と繋ぎの得意の選手はいるのか、周りの状況を冷静に見て判断できる選手はいるのかなどをチエックしてみると良いでしょう。

 

 

なお、身長の高さや利き手などによってもフォーメーションは変わってきますし、また試合中は、必ずしもセッターからボールが上がってくるとは限らず、後ろから来ることもよくあるものです。

その為、この元オリンピック銅メダリスト江上由美監修のママさんバレー上達の極意(DVD)では、いろんなパターンを網羅するためのポジションの取り方と効果的な練習方法が学べますので、格段にチーム力がアップすることでしょう。

 

ポジションやフォーメーションでお悩みの方必見!

マさんバレー上達の極意の詳細を見てみる