MENU

オーバーカットのやり方

9人制のバレーボールで、オーバーカットが上手く出来ますか?
苦手としているママさんも少なくないでしょう。

 

 

基本的には、コートの中程から後方にきたサーブなどの肩から上にきた比較的緩いボールに対しては、オーバーハンドでサーブカットします。
オーバーで受ければ、それだけ早く攻撃に移れますし、アンダーハンドより正確にボールをコントロールすることが出来るというメリットがあります。

 

 

使いこなせるようになれば守備範囲も広がりますね。
ただ、ママさんで最も注意しなければいけないのは、ボールの威力に負けないようにすることです。
実際に、ボールの強さに負けて後ろに弾いてしまうことも少なくありません。

 

 

特にボールをレシーブする手の位置が額の前ではなく、頭上の方向にずれてしまうと、サーブの勢いに負けてしまい、ボールを前に送れなくなってしまいます。

 

 

その為、相手からサーブが打たれたら、ボール落下地点に入ってコースや球質を素早く判断することが大切です。
アンダーハンドでするか迷っていては動作が遅くなってしまうからです。

 

 

オーバーカットのやり方は、構え自体はオーバーハンドパスと同様で、オーバーハンドでレシーブ出来ると判断したら、膝を軽く曲げて腰を落とし、肘を顔の前に上げ踏み込んだ足の前に重心をかけて、出来るだけ体の前でボールを捉えるようにするのがコツです。

 

 

この江上由美監修のママさんバレー上達の極意では、次につなげやすくする正しいオーバーカットのやり方と練習方法が分かりやすく解説してあります。

DVDの映像を見てコツを押さえて行うことで、初心者からでも短期間で上達することが出来るでしょう。

 

オーバーカットの2つの意識するポイントをお教えします!

 

マさんバレー上達の極意の詳細を見てみる