MENU

ブロックの基本フォーム

ママさんバレーのブロックで、吸い込みやタッチネットをしやすいという悩みはありませんか?
この原因としては、正しいブロックの基本フォームが出来ていないい為に、手を出す位置がネットに近すぎたり、離れすぎて安定していないからです。

 

 

そんな相手スパイクに負けない基本のブロックフォームは、ネット近すぎないようにし、体とネットの間に空間を作った所で構えます。
そうすることで肩の負担も少なく、腕を真っ直ぐにあげた時に力も入り、、相手スパイカーのボールに負けないブロックが出来ます。

 

 

両腕は6人制のように前に押さえ込むのではなく、壁を作るように真上に伸ばすのが基本です。
ネットから手が出たところでボールに触れてしまうと、例えブロックが決まったとしても、オーバーネットの反則をとられてしまい、相手の得点になってしまいます。

 

 

また、この時にはネットに正対して、両手の指先を大きく広げてやや外に向けるようにしたほうが力が入りやすいです。
そして、両手の幅は肩より少し広くし、足は肩幅くらいに開いておけば良いでしょう。

 

 

横に移動してからジャンプしてブロックする時は、体が横に流れないように気をつけて、しっかり膝にタメを作って真上にジャンプし、この時も両腕は真上に伸ばし、体と腕が一直線になるのがママさんバレーのブロックフォームの理想でしょう。

 

 

なお、着地するまで手のひらに力を入れておかないと、ブロックアウトを降り際に狙われるので注意が必要です。

 

 

この元オリンピック銅メダリスト江上由美監修のママさんバレー上達の極意では、体のある場所に力を入れて腕を上げることで、最も力がの入り高さもある強力なブロックを作る方法が分かります。

手の使い方によって相手のアタッカーへのプレッシャーは全く違ってくるので、この機会にしっかり学べば、個々のブロック力があがり、それだけチームの守備も安定してくるでしょう。

 

強力なブロックの作り方をお教えします

 

マさんバレー上達の極意の詳細を見てみる