MENU

ネットから離れたジャンプしないスパイク

ママさんバレーで、ネットから離れた位置からのスパイクを上手く打つことが出来ていますか?
二段攻撃はネットから離れてアタックを打つようになることから、強さのあるボール返すのはなかなか難しいものですね。

 

 

このようなネットから離れた位置からスパイクを打つ時も、ブロックで防いでくることもあるので、如何に避けるかが大切になります。
そのような場合は、ジャンプしないで、相手コートの動きを読んで、空きスペースやライン際などのコースを狙って打つと、意外に決まることがあります。

 

 

ブロックに跳ぶ相手選手が移動している方向とは逆に打ったりすれば、動きが遅れてタイミングが合いにくくなり、ネット上に空きスペースが出来ることも多いです。
また、全てのレシーバーがすぐに動ける態勢をとっているとは限らないので、チームワークが乱れて空きスペースがあればそこをピンポイントで狙ってみましょう。

 

 

もちろん、スパイクが難しい時には、オーバーやアンダーハンドで返しても構いませんが、その場合も出来るだけ空きスペースを狙いましょう。
特にパワーのないママさんバレーおいては、頭脳戦の一面も強いので、相手の動きを読んで裏をかいたりするのが効果的です。

 

 

ネットから離れてジャンプしないでスパイクを打つ時には、手首のスナップを利かせるとネットやアンテナに掛かってしまいやすいです。
その為、フローターサーブと同じように、前に押し出すような感じて打つようにするのがコツです。

 

 

いずれにしても、自分の体を上手く利用してコントロール良く打つことが大切で、ジャンプするしないにしても、あらかじめ二段攻撃のポイントを押さえて、ネットから離れた位置からの攻撃の練習をしておきましょう。
例えば、6人制で使うアタックラインを使い、3対3でチームを組んで、バックアタックのみでラリーを行うようにするのも一つの練習方法です。

 

 

人数が揃わない時などには良いかもしれませんよ。

 

 

アタックのコントロール良くするための練習方法をお教えします!

 

マさんバレー上達の極意の詳細を見てみる