MENU

三角形のポジショニングを意識しよう

ママさんバレーでは、三角形のポジショニングを意識すると良いですね。
というのもバレーボールでは3回触って相手に返すので、9人それぞれの選手と結べば三角形は無数にでき、バランス良く作れば、空きスペースもなくなりチーム全体の動きも良くなるからです。

 

 

トスを上げる時には、前後にボールに触る選手と出来る三角形の面積が大きくなるほど、コート上にボールが広く動いていることになり、相手を大きく動かすことになります。

 

 

また、ハーフを2人置くようなチームは、セッターとの間に出来る三角形の中をターゲットに返球するようにパスを送ります。
これは違うフォーメーションでも、2人ではなく3人で作る面にすることで、レシーブの正確性に欠けるママさんでも狙いやすくなる筈です。

 

 

横にレシーブで移動する時も、隣の選手とぶっかったりしなように、前後したり、向きを変えるなどの調整をして、ポジション取りをしましょう。
両サイドの選手と一直線に並ぶような位置取りをしてしまうと、どこか違う場所に空きスペースが出来てしまいます。

 

 

ある程度のフォーメーションは、チームでパターン化すれな出来るので、定位置を決めておくことも必要です。
ただ、試合ではズレなども起きるものなので、チーム全員での声がけで調整していきましょう。

 

 

このように三角形を意識したポジショニングをすることで、プレーの流れも掴みやすくなり、効率よく攻めに繋げていけるようになれるでしょう。

 

 

ブロックフォローのポジションなど、チーム力を最大限に発揮する方法をお教えします!

 

ママさんバレー上達の極意の詳細を見てみる