MENU

レセプションのポジショニング

レセプション(サーブレシーブ)のポジショニングはどのようにしていますか?
近年のママさんバレーでは、勝敗を分けるポイントとしてサーブのウェイトが高くなってきています。

 

レセプションのポジショニング

 

その為、相手が崩そうとして打ってくるサーブに対して、どれだけ失点せずに自チームの攻撃や得点に結びつけていけるかというのはとても重要な要素です。

 

 

それにはフローターやジャンプサーブなど、変化やスピードの違う様々なサーブに対してまずは基本の構えを習得し、ボールの下に素早く入ってボールを送り出すことが大切です。

 

 

そのうえで、相手サーバーのポジショニングや特徴を把握しコースを予測して、その都度ポジショニングを修正するといいですね。
その際に大切になるのは、サーバーと自分がいる位置を確認しておくこと。

 

 

基本的には相手がサーブを打ってくるのは、サーバーがいる位置と自分がレシーブするコートのエンドの両サイドを結んだところが多くなります。
言い換えれば、その結ばれた三角形のエリアから外れたコースはあまり飛んでこないということです。

 

 

ただ、相手が速いジャンプサーブなどを打ってきたら、ポイントになりやすいコースとも言えます。
なので、相手のサーバーがどの位置から、どんなサーブを打ってくるのか、特徴を把握して、よりサーブが打たれる確率の高いコースで構えるようにするといいかと思います。

 

 

ママさんバレーではレセプションを苦手としている選手も多いかと思うので、繰り返し練習して苦にならないようにしていきましょう。