MENU

サーブのコントロールを磨こう

ママさんバレーで勝つためにはサーブのコントロールも重要です。
特にコースを狙って打てるようにしておくと良いでしょう。

 

サーブのコントロール

 

特に気を付けたいのは、オーバーハンドレシーブが出来ない場所にサーブを打つこと。
弱いサーブでは簡単にオーバーハンドレシーブをされてしまい、カウンターアタックをされてしまいます。

 

 

その為、サーブのコントロールはとても大切です。
特に初心者の方は無理せずに相手の弱いところに落とせるようにコントロールよく打つことです。

 

 

サーブを狙ったところに打てるようになるには、個人の練習量と集中した取り組みによります。
例えば、コートの左半分を狙うようなら、左のコーナーをピンポイントを狙ったり、レシーブが弱い人を狙ったほうが効果的です。

 

 

当然、狙いが小さくなればなるほど集中力も必要になり、サーブの精度が大事です。
狙うターゲットは常に小さくし、それを相手に気づかれないようにサーブを打つようにしなければいけません。

 

 

サーブ練習のやり方のところでも少しふれましたが、狙ったところにコトロール良く打てないなら、コーンなどを置いてそれを狙ったり、その周囲のスペースを狙って打ったり練習すると良いでしょう。

 

 

コーンを相手に見立てて目視してやると狙いやすくなります。
狙う場所へ足先を向けて最後のインパクトまで意識して打つのがコツです。

 

 

その際はアンテナの頂上から白帯の間を通過するようにボールを打てるように練習すると、レシーバーの体感速度が速く感じて焦ってミスしやすくなります。

 

 

いずれにしてもサーブは、選手全員が得点を取るという意識を持つことが勝利に繋がります。
なお、サーブは試合前の練習でその日の調子も分かると思うので、それに合わせて打ち方を変えるのもありです。

 

ママさんバレー上達の極意の詳細を見てみる