MENU

サーブが届かない!初心者からでもフローターサーブに挑戦しよう

ママさんバレーでサーブが届かないということはありませんか?
特に初心者のママさんは、サーブの距離が届かないということもあるかと思います。

サーブが届かない

 

そのようなママさんバレー初心者の方は、まずはネットを越えるようにボールを投げることから始めてみると良いです。

 

なぜなら、サーブはボールを投げる動作に近く、肩や腕を鍛えるよりも、腰の回転を意識して投げる動作を身につけることで、距離もかなり伸びてくるようになるからです。

 

 

そして、ある程度距離を投げられるようになったら、トス、スイング、インパクトという一連のサーブのフォームを身につけることで、効率良くサーブをマスターすることができるはずです。

 

何より、正しいフォームを身につけないとサーブも安定せず、コースも狙えません。

 

そして、フォームが身についたら、コースを狙うようにコントロールを磨くようにします。
試合では、特定の選手や空きスペースなどを狙うようになるので、それなりのサーブコントロールが必要になります。

 

 

そこに威力が加われば、サーブを自分の武器にすることができます。

 

ママさんバレー初心者の方でサーブが届かないようなら、アンダーハンドサーブから入ろうとする人が多いです。
あなたもそうかもしれませんね。

 

確かにサーブのなかでもっともマスターしやすく、筋力がない人でも、腕を下から上に振り上げ、ボールを下から叩くことで山なりの軌道を作り、ネットを越えるサーブを打つことができます。

 

 

ですが、アンダーハンドサーブはサービスエースなんてほぼ無理です。
もちろん、アンダーハンドサーブを極めて軌道を高くしたり、低くしたりスピードも変化させることでもできます。

 

しかし、相手レシーバーにとっては威力がないため、セッターに反しやすいのは間違いありません。

 

そのため、初心者からでもフローターサーブから覚えるようにしたほうが良いと私は思っています。

 

 

せっかくママさんバレーを始めたわけですから、早く上達してチームの勝利に貢献したいですよね。

 

フローターサーブなら、サービスエースも夢じゃありませんし、相手のフォメーションも崩しやすい。

 

サーブは試合での相手の陣形などの状況を見て使い分けられるのが理想なので、一つでも多くの種類のサーブを打てるほうが望ましいです。

 

 

変化をさせやすい主流のフローターサーブなら、インパクトのやり方だったり、助走の有無、縦や横(斜め)に走っていくかでボールの回転やスピードも変わり、相手も守りづらくなります。

 

試合で良いサーブが打てれば、それが自分にとって自信になります。

 

もちろん、サーブはミスが少ないほうがいいですが、9人制のママさんはサーブが2本打てるので確率は50%。

 

 

どのサーブでも、基本的には投げる動作に近いので、サーブが届かない初心者のママさんは、まずはボールを遠くに投げることから始めてみることをおすすめします。

 

エンドラインに立って、投げたボールがネットを越えれば、フローターサーブも打つことができるようになるはずです。

 

TOPへ