MENU

ブロックの手の形

ママさんバレーでブロックするときの手の形はどのようにしていますか?
基本的にママさんのブロックは相手スパイカーの打ってくるコースを限定させることが第一に行う目的で、そのうえでシャットアウトを狙うようにします。

 

ブロックの手の形

 

6人制と違って9人制はオーバーネットがありますからシャットアウトを一番の目的に考えず、スパイカーのコースを限定し、味方がレシーブしやすいフォーメーションを取れるうに跳ぶようにしたほうが良いでしょう。

 

 

その際の手の形は指先を内側に向けるより外側に向けた方が力が入りますので、指先は体に対して外側を向けるようにしたほうがボールの威力に負けません。
手のひら(はしっかり大きく開き、親指を上側に向けるくらいにしても良いかと思います。

 

 

つまり、左右の親指は平行になるくらい上を向け、小指は外側を向くような形になります。
また、左右の手の幅は広すぎても狭すぎても良くありません。肩幅よりちょっと広いくらいです。
肘も真っ直ぐ伸ばし、腕で頬を挟むようにするくらいにすると一番力が入ります。

 

 

この手の形にすると手首が折れてオーバーネットの危険性もすくなくなりますし、相手の威力のあるスパイクに対しても簡単に弾かれることも少なくなる筈です。

 

 

また、ママさんでブロックをはたくようにする人もいますが、これが一番ダメです。
基本は真っ直ぐ出して下ろすことですが、常に顔の前あたりで両手をセットしておくことがブロックでは大切です。これは速いボールやダイレクトスパイクに対応する為です。

 

 

ジャンプするときも振り上げを小さくして鋭く踏み切るようにすれば、ネットタッチも少なくなる筈です。
いずれにしても、手の形は指先を体の外側に向けるして、相手の威力のあるスパイクでも押さえられるようにしていきましょう。