MENU

ブロックのジャンプの練習

ママさんバレーのブロックの時のジャンプが上手くできないという悩みはありませんか?
ブロックは相手スパイカーの攻撃に対して、壁を作ってスパイクコースを防ぐのが役割です。

 

ブロックのジャンプ

 

その為。出来るだけ高くジャンプするにこしたことはありません。
そんなブロックのジャンプのポイントは、かかとを床に着けること。かかとが浮いてしまってつま先に重心がかかってしまうと、体も前に倒れてしまうので、かかとを床につけて跳ぶことが大事です。

 

 

その際には、スクワットの姿勢になるように膝を曲げてしっかりタメを作り、ボールを目で追いながら、真上にジャンプします。
この時、両腕も真上に伸ばし、横から見ると体と腕が一直線になるのがママさんバレーのブロックの理想です。

 

 

また、強いブロックを目指すには肩甲骨を上に引き上げる感じで肩に力を入れ、ボールに弾き飛ばされないように、指を大きく開いた状態でジャンプしましょう。

 

 

更に頭が下がると、視野も狭くなってしまうので注意してくださいね。
速攻の場合はスパイカーと同じタイミングで、オープンの場合はスパイカーより少し遅めにジャンプするのが基本と言われています。

 

 

そして、ブロックのジャンプの練習としてはネットを使うのも良いですが、壁があれば出来ます。
やり方は、壁の前に立ってかかとに重心をかけた状態で膝を前に出さず、真っ直ぐ上に跳ぶように繰り返し練習しましょう。

 

 

壁が前にあることで、膝が前に出にくいので、つま先重心にならないですみ、ブロックのジャンプフォームを身につけることが出来ます。

 

 

そして、かかとジャンプが身についてきたら、より実戦的に行うには、相手コートからレフトやライトにトスを上げて。その攻撃に対してブロックします。
最終的には、どこにトスが上がるかわからないようにして、対応力を見につけていくと良いでしょう。