MENU

オーバーネットをしないブロック!相手に威圧をかける方法

9人制のママさんバレーは、ネットを越えて相手コート内のボールに触れてしまうとタッチネットの販促を取られてしまいます。

 

ですが、ブロックをするときに、わざと腕をネットの白帯より相手コート内のオーバーネットの位置に突き出し、相手に威圧をかけ、ボールが当たる瞬間に腕を垂直に戻してブロックする。

オーバーネットをしないブロック

 

これは6人制をやっていたママさんには向いているオーバーネットをしないブロックの方法です。

 

 

また、そのときに相手がリバウンドを狙って、オーバーネットを誘ってきたときには、すぐにサッと腕を引いて自分達のチャンスボールにする。

 

難しいブロックテクニックの一つですが、これができるとブロックが楽しくなるに違いありません。

 

また、クイックやオープンスパイクをブロックする場合、遅れてしまいレシーブに回るという状況もありますが、諦めずに手のひらを上に向けるようなつもりでジャンプするのも有効です。

 

 

特に相手がクイック攻撃をしかけてきたときに、相手スパイカーがノーマークだと判断すれば、鋭角に落としてくることが多いので、ワンタッチが取りやすくなります。

 

その結果、相手はクイックをしかけずらくなるはずです。

 

そして、ブロックはスパイカーの目線やフォーム、体の向きなどを良く観察して、タイミングよくジャンプしましょう。

 

 

ただ、実際の試合になると緊張する場面では、タイミングが速くなることも多いので、普段の練習の時よりも少し遅く跳ぶことも意識しておいたほうがいかもしれません。

 

いずれにししても、ママさんバレーの攻撃力は年々上がっている傾向があるので、チームが一丸となって勝利するためには、ブロックのレベルアップが今度ますます求めれれてくるはずです。

 

TOPへ