MENU

ジャンプトスでブロックをずらそう

9人制のママさんバレーのセッターの動きとして、ジャンプトスを入れるのも相手ブロックをずらすのに有効だと思います。
何より、前衛の人数が多いので、6人制のようセッターが自由に移動しての動き回る攻撃はスペース的に難しいです。

 

ジャンプトス

 

そうなると、トスを上げる場所に変化をつけてスパイカーをかえていくようになりますが、相手の前衛も多いので普通にセッターに返してトスを上げても、相手に簡単に読まれてブロックにつかれてしまいます。

 

 

そこで攻撃のバリエーションを増やす意味でも、セッターの動きとしてジャンプトスが必要になると思うんです。
セッターがジャンプするだけで、相手はツーアタックも警戒しないといけなくなるので、普通にトスを上げたときよりもブロックにつくタイミングを遅らせることが出来るわけです。

 

 

ですが、ジャンプトスはタイミングが上手く取れないという人も多いと思います。
ジャンプした後は、下半身はすでに跳びあがりでエネルギーを使いきっているので、ボールを送り出す力にはなりません。

 

 

その為、ボールが額に接するくらいに十分に引きつけて、手首と肘を使って飛ばすようにして、華麗に出来るとカッコいいですね♪
タイミングとしては、ボールの上がり際、頂点、降り際とあるので、状況に応じて使い分けるようになりますが、遠くに飛ばすなら、ジャンプで体が上がる途中で行うといいです。

 

 

練習方法としては、連続の頂上ジャンプトスが効果的です。上がり際から練習を始めて、最後に降り際の練習をしていくといい思います。
また、片手パスも練習しておくと良いですよ(*^▽^*)