MENU

セッターのいいトスとは?

セッターは9人制のママさんバレーにおいても、コートの中で一番ボールを触るポジション。

 

試合中にサーブレシーブが正確に返ってくるとはかぎりませんが、邪魔されることはないので、セッターの好きなところにトスをあげることができます。

 

では、セッターのいいトスとはどんなトスでしょうか?
やはりアタッカーがスパイクを打つポイントがたくさんあるトスです。

 

 

たとえサーブレシーブが乱れても、冷静に判断して正確なトスをあげることができれば、チームの戦術を忠実に行うことが出来て、アタッカーの持ち味が最大限に発揮させることができます。

 

当然、トスを上げられる選手が多くいるほど攻撃の幅も広がります。

 

ときには、ボールを追いかけて走りながらトスを上げる場面もあるでしょう。

 

 

セッターがどうしてもトスを上げられない状況もあるので、誰もが第二のセッターの気持ちで普段から二段トスを練習しておくと良いですね。

 

その際、オーバーでトスを上げる場合はどのような状況でも、全ての指の第二関節あたりまでボールに触れるような手捌きが大事。

 

そうすることでボールコントロールが良くなります。
良く言われるのがバスケットボールのチェストパスをする要領で、腕を上に持ってくる感じです。

 

 

また、セッターは一定のフォームでいろいろな角度でトスを上げられるようにしておくことで、相手ブロッカーを惑わすことが出来ます。

 

それには、肘が肩よりも上にある状態でボールをとらえることがポイントです。そうすればオープンはもちろん、バックにもトスを上げることができるからです。

 

ママさんでも基本のトスのフォームをしっかり身につけていれば、ボールの高さを引くめにするセミクイックトスだったり、トスのスピードが速い平行やクイックトスをあげて、自由自在に攻撃を仕掛けることが出来ます。

 

 

ただ、セッター練習は「質」が求めれると思うので、やはりしっかりしたセッターを教える技術を持った指導者に教わるか、あるいはDVD教材などで、わからないことなどは質問をして練習をするようにしたほうが、結果的には個人の上達やチームが強くなる早道かもしれませんよ。

 

TOPへ