MENU

スパイクのミート

バレーボールのスパイクで、ボールの中心を手の真ん中でジャストミートすることが出来ていますか?
スパイカーはいくら力があって高い打点で打つことが出来ても、ボールを手のひらの中心部分でしっかりミートすることが出来ないと威力のあるアタックに繋がりません

 

 

手の中心というのは、手のひらを広げて人差し指と中指の付け根あたりになるので、この部分をボールの中心にぶつけることが大切です。
そうするとおのずとボールの上側に指が引っかかってドライブ回転(トップスピン)が掛かり、スピードが出ます。

 

 

つまり、力に自信がないママさんでも、手の中心部分でボールをしっかりミートすることが出来れば、重くて速いボールが打てるということです。
大事なのは自分が持っているパワーをいどれだけボールに伝えられるかです。

 

 

また、この時には肘を曲げずに打点を高くすることも大切です。
ですが、肘が曲がってしまうと肩に余計な力が入り、上半身(体幹)を上手く使えません。

 

 

打点が高くなればそれだけ体幹を使うことに繋がるわけなので、そこで生み出されたパワーを肩と肘の無理なく動かせる範囲(角度)でコースに打ち分けるようにします。
そして、スパイクのスイングは、ジャンプせずに立ち止まった状態で身につけることが出来ます。

 

 

左手を上にかざすようにして打点の目安を作り、右手のひらを上にして外側に右肘が開くようなイメージで後ろに引きます。
右肘を前方に持っていくと同時に左手を下げ、右肘が下がらないように気をつけながらボールの真ん中を手のひらの中心で捉えて振り抜きましょう。

 

 

練習方法としては、立ち止まった状態から間をおかず10本程度連続でスパイクを打ってみましょう。
そうすることでボールを正確に手の中心でミートする感覚と、上半身の力を抜き、腕をムチのようにしならせてスイングする感覚を同時に覚えることが出来るでしょう。

 

 

筋力に頼ることなく力強いスパイクが打ちたい方へ

 

マさんバレー上達の極意の詳細を見てみる