MENU

スパイクの踏み切りのコツ

スパイクの踏み切りで高く跳ぶことが出来ていますか?
ママさんバレーでも、やはり高い打点からの威力のあるスパイクは決まりやすいものですね。

 

 

そんな助走のあとに大切なのが踏み切りです。
ここではそんなスパイクでより高く跳ぶための踏み切りのコツをピックアップしました。

 

 

まず、スタンバイでは重心は前におき、リズムがとりやすいようにする為に、小刻みに足を動かしておきます。
そうすることでタイミングを合わせやすくなります。

 

 

踏み出しの1歩目は出来るだけ歩幅を小さくし、つま先から入るようにします。
何故なら、かかとからつくようにしてしまうと遅くなり、体が起き上がって目線がブレてしまうのです。
そして、最後の1歩目は出来るだけかかとから大きく入るようにします。

 

 

このようにしておけば、トスがネットから離れた時でも、歩幅を小さくするだけでいいので、様々なトスに対応しやすくなります。
男性なら1歩で3メートルくらいですが、女性のママさんでも2メートルくらいは取るイメージで行えば、強い踏み切りが出来る筈です。

 

 

また、同時に足をつくと助走の勢いを十分に使えなくなるので、片足ず着くようにし、利き足が右なら右足をつき、その後に左足をつくというように、利き足から軸足に重心を移動させていきます。

 

 

そして、助走の勢いを上の力に変える為に、かかとからつま先に重心移動をスムーズに行い、両手を下から上に振ってテークバックし思いきり跳びます。
ただ、この時につま先から入ってしまうと勢いが止まったり、そのまま前に流れて跳んでしまうので注意しましょう。

 

 

以上をを踏まえて、レッツジャンプ!!

 

 

身長が低くても強力なスパイクを打てる練習方法をお教えします!

 

マさんバレー上達の極意の詳細を見てみる