MENU

サーブを打つ時に正しく手に当たらない

サーブを打つ時に手に正しく当たらないという悩みはありませんか?
9人制のママさんバレーを始めたばかりの初心者は、トスに合わせて上手く腕が振ることが出来ないということがありますね。

 

 

腕の振りも遅れますし、トスが不安定なこともあり、スイングのタイミングが合わず、サーブを打つ時に手に正しく当たらなくなるのです。

 

 

また、スイングする際に力が入り過ぎていると、振りも安定せず、ボールに正しく手が当たらないようになります。
その為、まずはトスとスイングのタイミングを合わせることが大切です。
それには、トスされたボールが空中で止まっているところで腕を振り出すような感じにすると良いでしょう。

 

 

そんなオーバーハンドサーブの打ち方は、利き腕のバックスイングをトスを上げる前に
入り、打つ位置よりトスを少し上に低めにあげます。

 

 

そして、手のひらの下部分がボールの中心に当たっているか確認する為に、顔の斜め上でミートします。
更に腕の振りを早くする必要があるので、腰の回転と重心移動を滑らかにして腕がそれにつられて振り出されるようにしましょう。

 

 

特にバレーボール初心者は、サーブのフォームが不安定なので、腕の振りも一定にならず、前で打ったり、かぶるようになったり、体から離れて打ったりしがちです。

 

 

また、ママさんなど女子選手は、横振りでボールを切るように打つことが多く見られます。
ですが、オーバーハンドサーブは、肘が耳の上をかするように腕を振ることが必要です。

 

 

そして、トスをする時に利き腕を引きながら腕だけで押し上げるようにするのが、トスを上手く上げるコツです。
ただ、トスをする時に体が伸びきってしまうと、腕の振りに力が入らず、ミートもにくくなり、
空振りしやすくなるの注意しましょう。

 

 

いずれにしても、サーブを打つ時に正しく手に当たらないなどの上手くいかない原因はとてもシンプルなんですが、気づかずに見当違いのことをやってしまっている人が少なくありません。

 

 

この江上由美監修のママさんバレー上達の極意DVDでは、どうしたらサーブのミスを減らして安定的に打てるようになるのかを映像で分かりやすく解説してあるので、特に初心者の方は参考になるでしょう。

 

サーブを打つとボールがあらぬ方向に飛んでしまったり、手の位置がブレてうまく打てない方へ

 

マさんバレー上達の極意の詳細を見てみる