MENU

サーブのバリエーションを増やす手段

9人制のママさんバレーのサーブは、1人で2本のサーブが打てる為、その時々の状況によって使い分けたいものすね。
ですが、1本目をミスすると、2本目は極端にたやすいサーブを打ってしまう選手がいますが、2本目は60〜80%くらいの力でコントロールして、コースを狙って相手を崩すようにしていきたいものです。

 

 

その為にも、少なくても2種類のサーブバリエーションを持つことです。
但し、速くて強いサーブが必ずしも良いというわけではなく、相手のフォーメーションなどによっても異なってきますが、ポジションの間にできたスペースを狙って、誰のボールか戸惑うようなところへ打つのがベストでしょう。

 

 

その際には、サーブのバリエーションを増やす手段としてサーブの立ち位置を変えて打ってみましょう。
例えば、コートから離れた位置からロングサーブを打つのも効果的です。

 

 

エンドラインから6mくらい離れたところから天井に向かって思いきり打ちます。
そうすることでよりボールに変化が加わるようになります。
通常のネットぎりぎりのフローターサーブとは違い、コートのコーナ付近や奥深いところまで伸びていくのでボールに空気抵抗がより加わることで、急降下したりとより変化します。

 

 

ただ、肩の力があまりないママさんは、ネットを越えなかったり、越えたとしても緩いサーブになったりすることもあるので、エンドラインからの距離を少しつ離していき、確実に打てるように慣らしていくといいです。

 

 

いずれにしても、まずは意識しなくても打てる切り札となるサーブをますは一つ持つことです。
そして、その得意なサーブの精度を高めながら、バリエーションを増やして、チームで一番のサーバーを目指しましょう。

 

 

落ちる、伸びるサーブを打ち分ける方法をお教えします!

 

マさんバレー上達の極意の詳細を見てみる