MENU

サイドハンドサーブのコツ

ママさんバレーの初心者の方に多い悩みに、サーブが入らないということがありますね。
特に絶対にミスできないような場面でサーブが回ってくると緊張するものです。

 

 

そのような人は、ボールをコントロールしやすく、筋力がなくても誰でも簡単に打てるサイドハンドサーブを最初にマスターすると良いでしょう。
初めはボールが真っ直ぐに飛んでネットに掛かってしまうこともあるでしょうが、最も相手コートに入れやすい基本的なサーブです。

 

 

そんなサイドハンドサーブのコツは、手のひらを相手コートにいる選手に見せるようにして腕を振り抜くことです。
トスは高く上げるとそれだけぶれやすくなるので、低めに上げて手のひらの下部分ないしは手首で正確にボールをミートするように心掛けましょう。

 

 

打ち方の一連の流れとしては、肩幅くらいに足を開き、身体を打つ方向に向けて構えます。
トスが高くなりすぎになように気をつけて上げ、足を踏み込みながら腕を横に振ります。また、踏み込む時には体ごと持っていくようにして体重を乗せて、手打ちにならないようにしましょう。

 

 

そして、手にひら全体の下部分でボールをしっかりとらえ、腕を最後まで振り抜きます。
ただ、サイドハンドサーブはコースの打ち分けが難しく、カットされやすいという短所があります。

 

 

その為、コースは腰の回転を使い、体の開き具合で打ち分けるようにし、つま先や手首の返しなどで調整すると良いでしょう。
また、打つときに力むと上手くいかないので、肘や膝を伸ばしきらないで余裕を持たせると良いです。

 

 

なお、ミートする時に手を止めるようにして打てばボールは落ちますし、押し付けるようにすれば伸びます。

 

 

この元オリンピック銅メダリスト江上由美監修のママさんバレー上達の極意では、落ちる・伸びるサーブを打ち分ける方法が分かりやすく解説してあります。

更にハズしたら終わりなんて場面でも安定感抜群のサーブが打てるようになコツが紹介してあるので、緊張する場面などでも安定してミスなく打てるようになれるでしょう。

 

ミスのない安定したサーブを打つための5つのポイントとは?

マさんバレー上達の極意の詳細を見てみる