MENU

ジャンプフローターサーブの打ち方のコツ

ジャンプフローターサーブが上手く打てますか?
高い位置から打つようになることから、ボールにジャンプの勢いがつきスピードが増し、コースも通常のものよりも直線的になり、それだけ相手コートにボールが到達する時間が短くなります。

 

 

また、ボールに回転をかけずに打つと不規則に変化することから、相手は落下地点が予測しずらくなり、かなり試合でも威力を発揮するので、9人制のママさんバレーでもマスターしておきたいサーブの一つですね。

 

 

そんなジャンプフローターサーブの打ち方のコツは、エンドラインに向かって斜めにぎりぎりまで助走し、左の片足で踏み切ります。
そして、体が浮く直前にトスを上げますが、通常のフロータ―サーブよりも前にあげ、ボールを追いかけるように左足で踏み切るのがコツです。

 

 

この時には右ひざを上げる意識でジャンプし、ボールをしっかり見て手のひらの下の部分を中心に当て、手首を曲げずに肘を軸にして前腕をしならせて振り出し、強く押し出すように打つようにしましょう。
更に、腰をひねるようにして重心移動させないとスピードのあるボールが打てません。

 

 

その他にも、ネットに正対しまたままぶれないように両手でトスを上げる方法もあります。
ただ、それだけ助走が遅くなってしまうので、サーブのスピードが少し落ちますが、狙ったところにコントロールしたいような時には有効でしょう。

 

 

なお、サーブは緊張してミスをしてしまうことも多いものですが、これはゲーム形式の練習が不足していることが考えれます。
サーブだけの部分練習は、フォーム作りやコースの打ち分けの練習としては効果がありますが、ゲームでのサーブ打ちの経験が少ないと、相手の位置や心理状況、味方の状況なども判断できるようになかなかなりません。

 

 

その為、練習試合などを積極的に行って、緊張しないでジャンプフローターサーブなどが打てるようにしておくことが大切です。

 

 

このママさんバレー上達の極意DVDの監修者である江上由美さんは、ワールドカップや日本リーグでサーブ賞を受賞するなど、その技術やテクニックは高く評価されています。

サーブを打つとボールがあらぬ方向に飛んでしまったり、手の位置がブレてしまっていまいちうまく打てないなど、悩みがある人は必見です。

 

サーブのコツをお教えします!

マさんバレー上達の極意の詳細を見てみる