MENU

自宅で出来る練習

自宅で練習を行っていますか?
育児や家事などと両立しながら楽しむママさんバレーは、練習時間の制約も多いものですね。

 

 

今は仕事を持つている人も多いでしょうから、夕食の準備などが終わった後の19時頃から2時間程度で週に2回くらいとして、練習を組んでいるチームが多いのではないでしょうか。

 

 

そんな限られた中で上達するには、レシーブ、トス、スパイク、サーブなどの基本を自宅でも練習しておきたいものです。
この時には、ボールを使わなくてもそれぞれの体の使い方がスムーズに出来るようにストレッチなどをして柔軟性を高めておくだけでも構いません。

 

 

また、上手な人の綺麗なフォームなどを見て、鏡の前で同じように出来るように練習してみるのも良いです。
例えばレシーブが苦手な人は、鏡の前でイメージトレーニングすることは上達するうえで大切です。

 

 

これは、他のプレーでも同様です。
何故なら、自分で思った通りに体の使い方が出来ているかどうかは、実際に見てみないと分からないからです。

 

 

アンダーハンドのレシーブなら、腕と太ももが平行になっているか、ボールを受ける面が平らになっているか、足は肩幅より開いているか、顎は引けているかなど、出来ているつもりになっているだけのことも結構あります。

 

 

やはり上達が早いという人は、見たものをそのまま真似ることが出来ます。
ですので、自宅で出来る練習としては、身体と脳の神経の連携を良くする意味でも、自分のフォームを確認することが、上手くなる近道かもしれませんよ。

 

 

自宅出来るものからチームの練習メニューにも最適な方法が満載!

 

マさんバレー上達の極意の詳細を見てみる