MENU

時間差攻撃のやり方

時間差攻撃をやっていますか?
これはクイックを組み合わせてタイミングをずらして行う攻撃になり、9人制のママさんバレーでも戦術の一つとして取り入れると有効だと思います。

 

 

この時にはおとり役のクイッカーと別のアタッカーのどちらが打つのか相手ブロッカーにぎりぎりまでわからないようにするのがポイントですね。

 

 

そんな時間差攻撃の中で特に効果的なのが、アタッカー同士が重なり合うようにするコンビネーションです。
何故なら、前方にいるクイッカーによって後方のアタッカーの動きが隠れるので、相手はそれだけタイミングを合わせるのが遅くなるからです。

 

 

そんな時間差攻撃のやり方は、コート中央あたりから2人が前後に助走をスタートさせ、前方の選手は真っ直ぐに走り、後方のサイドアタッカーは前の選手と重なりあうように走ります。
この時に後方の選手は一度助走とは逆方向にステップを入れるようにすると効果的です。

 

 

そして、前方のおとりの選手はクイックを打つ体勢に入ってジャンプ。センターは少し高めのAクイックのトスを上げ、後方のアタッカーはボールの軌道を確認して、飛びつくように素早くスイングして、高い位置でボールを捉えてスパイクします。

 

 

このようにアタッカーの助走を重ねて死角をつくると時間差攻撃は、決まりやすいと思いますよ。(^^)/