MENU

リバウンドで体勢を立て直してのスパイク

バレーボールのスパイクは相手のブロックを見ながら助走に入りますが、ブロックが揃っている場合は、相手ブロックに当て、そのリバウンドで体勢を立て直すことも必要です。

 

特にママさんバレーはブロックも3枚つくのが普通なので、無理に勝負をせず、相手ブロッカーに当てて、自チームにチャンスボールを返すようにするのも有効です。

リバウンドで体勢を立て直してのスパイク

 

そためには、空中で相手ブロッカーの手のひらに水平にボールが当たるようにコントロールすることが必要です。

 

 

その際、あまり弱すぎると相手ブロッカーにそのまま鋭角に叩き落とされてしまいかねません。

 

そのため、相手ブロックに当たってもブロックポイントにならないように少し強めに相手ブロックに当てることがコツです。

 

また、自チームのコートにリバウンドで返ってきたボールは、ブロックフォローに取らせるだけではなく、スパイカー自身が取れる位置のボールh自らレシーブして再び攻撃に入れば、よりスピーディに次のスパイクに動作に移ることができますね。

 

 

もちろん、ブロッカーにボールを当てた後、打球が高く返ってきた場合はオーバーハンドで、ネットすれすれのボールならアンダーハンドレシーブで中央寄りに高めに上げて、攻撃の準備に素早く入るようにするといいでしょう。

 

1回でスパイクが決まらない場合や、相手ブロックが揃っている、あるいは高さがあるようなときには、リバウンドで粘ってつないで、相手ブロックが遅れたり相手レシーバーが整っていないタイミングを逃さずスパイクを決められるようにしたいですね。

 

自チームからのサーブからはじまったラリーを制して得点にすればより勝ちに近づけます。

 

 

それには、いかにラリー中のスパイクを決めるかがポイントになります。

 

ブロックが揃っていてスパイクが打てないようであれば、フェイントで相手がいないところへ落とす、もしくはブロックアウトを狙う、ブロックに当ててリバウンドを拾い、攻撃を立て直すという判断が必要になってきます。

 

これらの判断を慌ただしいラリー中のなかで行うのは簡単なことではないですし、当然、それができるようになるためにはスパイクはもちろん、レシーブなどの基本技術を身につけておかないと行うことができません。

 

ママさんバレーで使える基本技術・応用できる内容が満載
ママさんバレー上達の極意DVDの収録内容へ