MENU

ママさんバレーのポジションと役割

ここでは9人制のママさんバレーのポジションと役割についてお伝えしています。

ママさんバレーのポジションと役割記事一覧

ママさんバレー ポジション決めでお悩みではありませんか?9人制のバレーボールではローテーションがないので、固定したポジションにしたほうが有利になりますね。とは言え、ママさんバレーの悩みとして多いものには、高齢でもプレーが出来るのか、初心者なので苦手なプレーがあり、みんなに迷惑をかけてしまうかもしれないなど、不安がある人も少なくないでしょう。ですが、、ママさんバレーではコートの中で役割分担が決まって...

前衛のポジションはどのような選手が向いているのでしょうか?ママさんバレーでは前衛を4〜5人置く攻撃的なフォーメーションが主流になりますが、まずはネットプレーに多く関わるようになるので、ブロックやこぼれ球に対して素早く対応できる選手が適しているでしょう。また、前衛にセッター、もしくは両サイドのどちらかにセッター配置し、レセプション(サーブレシーブ)のフォローなどもっかしっかり行いたいので、第2セッタ...

ハーフポジション役割がしつかり出来ていますか?9人制のママさんバレーボールの中心とも言えるのがハーフポジションですね。フォーメーションは色々ありますが、現在ママさんバレーで主流なのが5−1−3という布陣になります。ネット前に前衛が5人並び、その後ろにつなぎ役にハーフセンター、更にその後ろの3人のバックが並びます。このフォーメーションは、オープンや平行、二段攻撃などの最も攻撃力の高い選手をネット際の...

9人制のママさんバレーの守備の要とも言えるのが後衛のポジションですね。ブロックから縦に抜けてきたスパイクやコートの隅などのボールを安定したレシーブを行うなどの役割が求められます。更に、味方が大きく後ろにはじいたボールを追いかけて、コートの後方から二段トスを上げることも多くなるので、長い距離をトスが出来るように普段から練習しておくことも大切でしょう。また、ママさんバレーの攻撃型(5−1−3)、守備型...

9人制のママさんバレーでのサーブレシーブのフォーメーションはどのようにしていますか?例えば基本の4−2−3の守備的布陣なら、前衛のサイド(FR)をネット際に一人残して、サーブレシーブが乱れた際には、セッターの役割を補うようにします。また、もう一人の前衛(FL)はハーフに入り守備を固めます。したがって、この時のポジションは前衛がセッター(S)とフロントライト(FR)、中衛がハーフライト(HR)、フロ...

ディグ(スパイクレシーブ)のフォーメーションはどのようにしていますか?9人制のママさんバレーではローテーションがないので、固定したポジションでプレーしたほうが自分の役割や動きもはっきりしますね。それには、チームの特徴を活かして守備範囲を決める必要があります。例えば、前衛に高さがあり、ブロックの得意な選手が揃っているようなら、左右のハーフが前衛に上がった現在の主流となっている5−1−3の基本のフォー...

ママさんバレーでは、三角形のポジショニングを意識すると良いですね。というのもバレーボールでは3回触って相手に返すので、9人それぞれの選手と結べば三角形は無数にでき、バランス良く作れば、空きスペースもなくなりチーム全体の動きも良くなるからです。トスを上げる時には、前後にボールに触る選手と出来る三角形の面積が大きくなるほど、コート上にボールが広く動いていることになり、相手を大きく動かすことになります。...