MENU

スパイクのコツ

ここではママさんバレーで得点をとる為の、スパイクのコツをお伝えしています。

スパイクのコツ記事一覧

ママさんバレーでも得点を取る為には、力強い良いスパイクが打てるようになりたいものですね。そんなママさんバレーのスパイクの打ち方のポイントは、今の自分の体を上手く使って筋力がなくても打てるようにすることです。そんなスパイクの打ち方のコツは、肩甲骨の引きと上半身のひねりを使ってスイングすることです。それがしっかり出来ていれば、筋力が若い頃より落ちていても、年齢に関係なくラクに力強いスパイクが打てるよう...

ママさんバレーで、スパイクがかぶっていると言われませんか?スパイクでかぶるとは、ミートする時にボールの位置が体の前ではなく、後方になってしまうことです。打球にも体重が乗らないので鋭く打てなかったり、コートの後方に打ち出しやすくなってしまいます。特にママさんでこのようなスパイクの悩みも少なくないでしょう。これを直すには、鼻の前くらいでボールを捕えるくらいに極端に前でミートするくらいの気持ちで打ってみ...

ママさんバレーのスパイクで一番難しいのはタイミングですね。トスされたボールに合わせて、助走をしながら高く跳ばなければいけないので、ジャンプのタイミングが合わないというママさんも少なくないでしょう。ただ、9人制のスパイカーは、6人制のようにコートに叩きつけるような豪快なスパイクは、普通でも3人、多い時には4人のブロックに阻まれるのでチャンスは少ないものの、ボールを上手くミートしないことには始まりませ...

スパイクの踏み切りで高く跳ぶことが出来ていますか?ママさんバレーでも、やはり高い打点からの威力のあるスパイクは決まりやすいものですね。そんな助走のあとに大切なのが踏み切りです。ここではそんなスパイクでより高く跳ぶための踏み切りのコツをピックアップしました。まず、スタンバイでは重心は前におき、リズムがとりやすいようにする為に、小刻みに足を動かしておきます。そうすることでタイミングを合わせやすくなりま...

二段攻撃が上手く出来ていますか?試合中は、必ずしもセッターからボールが上がってくるとは限らず、後ろから来ることもよくありますよね。特に9人制のママさんバレーではラリーが続きやすいので、それだけネットから離れた位置にトスが上がってきます。その為、ネットから距離があってもスパイクが打ち抜けるようにしっかり二段攻撃の練習をしておくことが大切です。そんな後ろから上がってくる二段トスを打ち抜くには、通常のス...

正しいスパイクフォームでアタックを打っていますか?バレーボールで、最も得点に繋がりやすいプレーがスパイクですが、ママさんバレーで前衛やハーフの方なら、力強い良いアタックが打てればそれだけポイントがとりやすくなりますよね。その為には、正しいフォームで打つことが大切です。そんなスパイクの基本動作は、普段の練習(ウオーミングアップ)で行うキャッチボールで身につけることが出来ます。このキャッチボールは、ス...

ママさんバレーで、ネットから離れた位置からのスパイクを上手く打つことが出来ていますか?二段攻撃はネットから離れてアタックを打つようになることから、強さのあるボール返すのはなかなか難しいものですね。このようなネットから離れた位置からスパイクを打つ時も、ブロックで防いでくることもあるので、如何に避けるかが大切になります。そのような場合は、ジャンプしないで、相手コートの動きを読んで、空きスペースやライン...

ママさんバレーで、かっこいいスパイクが打てるようになったら、ポイントになる様々なアタックの技を取り入れていくといいですね。相手のブロックなどの状況に応じて、多彩な技を瞬時に繰り出せるようになったら、鬼に金棒だからです。例えば、強いスパイクを打った後は、相手レシーバーは次もくると身構えるので、指だけでボールをコントロールし、力を抜いてボールをふわりと落とすフェイントをするとだいたい決まります。この時...

バレーボールのスパイクで、ボールの中心を手の真ん中でジャストミートすることが出来ていますか?スパイカーはいくら力があって高い打点で打つことが出来ても、ボールを手のひらの中心部分でしっかりミートすることが出来ないと威力のあるアタックに繋がりません手の中心というのは、手のひらを広げて人差し指と中指の付け根あたりになるので、この部分をボールの中心にぶつけることが大切です。そうするとおのずとボールの上側に...

時間差攻撃をやっていますか?これはクイックを組み合わせてタイミングをずらして行う攻撃になり、9人制のママさんバレーでも戦術の一つとして取り入れると有効だと思います。この時にはおとり役のクイッカーと別のアタッカーのどちらが打つのか相手ブロッカーにぎりぎりまでわからないようにするのがポイントですね。そんな時間差攻撃の中で特に効果的なのが、アタッカー同士が重なり合うようにするコンビネーションです。何故な...

9人制のママさんバレーでも強いチームはスパイクはもちろん、フェイントやタッチがうまいので、しっかり練習しておくことが大切です。普段あまり練習でやっていないことが、いきなり試合でうまく出来るということはまずありません。そんなフェイントは、ブロックの真横や後ろなど、コートの前方を狙って落とすテクニックです。特に相手の守備隊形が深いときに使うと効果的です。ただ、逃げのフェイントは、相手にとってチャンスボ...

ママさんバレーでも試合に勝つには、スパイカーの決定力をあげていくことが必要です。それには、良いアタックが打てるのはもちろん、いかに相手ブロッカーをかわして打つことが出来るかがポイント。相手ブロッカーをかわす打ち方としては次の4つがあります。一つ目は、ブロックの上から打つ。相手ブロッカーが明らかに自分の打点よりも低い時には、高さを生かしてブロックの上から打ち込みます。そうすることで得点はもちろんのこ...

9人制のママさんバレーでも、自チームのサーブから始まったラリーでのスパイクが決まれば勝利に近づくことができますね。ですが、ラリー中のスパイクは、相手のサーブを受けてからの攻撃と違い、十分な準備ができていない状況でスパイクを打つことになります。わずかな時間での攻防が繰り返されるラリー中に、確実にスパイクを決め得点をとるには、相手ブロッカーやレシーバーの位置を注意深く観察すること。それによってスパイク...