MENU

サービスエースを決められる

試合で何本もノータッチのサービスエースを決めれてしまうということはありませんか?
やはり強いママさんチームは、スピードのあるオーバーハンドサーブなどで空きスペースを狙って打ってきます。

 

 

特に多いのは、中衛同士のプレーヤーの間にボールが落ちたり、頭の上を通過して後衛との間に落ち、後の選手が反応できない時が多いように思います。

 

 

このようなボールに触ることもできずにサービスエースを決めれてしまうのは、選手間のコミュニケーションがしっかり取れていないからに他なりません。
後衛は中衛の取る人の名前を大きな声で呼んだり、また、中衛は後衛の取らせたい選手のほうに体を向けるようにするといいです。

 

 

同時に声をかけるようにすれば、ただ呼んでやるよりは、後衛も反応しやすくなると思います。
また、どちらが取るべきかはチームのフォーメーションにもよりますが、一般的には中衛がオーバーハンドでレシーブします。

 

 

後ろの選手が取るまでに、ボールはかなり変化していることを考えれば、ボールのコントロールしやすいオーバーハンドが有効でしょうね。
その為には、日頃からそのレシーブ練習をしっかりやることが必要です。

 

 

なお、ボールの回転と軌道がわかれば、伸びるサーブか落ちるのか予測が出来ます。
ボールが順回転(前回転)の時は落ち、逆回転は伸びますし、横回転している時は回転しているほうに流れます。

 

 

更に、低い軌道や高い軌道でスピードがなければ落ち、逆にあるようなら伸びます。
まずは、色々なサーブを打ってもらい、練習していくようにしていきましょう。