MENU

ジャンプフローターサーブのレセプション

ジャンプフローターサーブのレセプションが上手く出来ますか?
最近はママさんバレーでも、ジャンプフローターサーブを打つてくることも多くなってきたように思います。

 

レセプション

 

相手のサーバーがジャンプしてフローターサーブを打つことで、打点が高くなり角度もそれだけ鋭くなります。
レセプション(サーブレシーブ)を成功させるには、フローターサーブの対応と同じように、相手サーバーの助走の長さや勢い、腕の振りの確認が大切になります。

 

 

当然、助走に勢いがあるほど、ボールに対しても全身の力が乗りやすく速さも増すので、前に落ちる可能性も高いでしょう。
その為、サーバーの助走の歩数やスイングの仕方、ボールの速さなどをよく見て、位置取りを判断していきましょう。

 

 

スイングが速ければ、サーブにもスピード出やすいですし、逆に遅ければ、コートの後方を狙ってくる可能性が高いと思います。
ジャンプフローターサーブは、角度がある分、変化しやすいので、ボールがネットを越えてから落下地点を判断し、素早く移動してボールの下に入り、腰を落として手元にくるまで目をはなさないようにして呼び込んで、レシーブするといいです。

 

 

また、コースを突かれても、威力はないので腕の面に当てることを意識して行えば上手くレセプションが出来ると思います。
どちらにしても、相手がどんなサーブを打ってくるかによって準備も変わってきますからね。

 

 

ボールの落下点を見定め、どの選手がレセプションをとるかを判断し、サーブのスピードとコースにぴたりとタイミングを合わせていくことが重要です。
体の横でとるにしても、出来るだけ体に近いところで取るという意識をもっといいですね。

 

 

おへそをボールにそばに寄せる、もしくは合わすというイメージで重心移動をすることで体の軸から腕に力が伝わって、多少体の横でボールをとらえても、自分の正面に上げやすくなるかと。
また、自分がとるのか、他のママさんにとらせるのかを判断して、しっかりと声を出していくことも、ジャンプフローターサーブのレセプションを成功させるコツでしょう。

 

ママさんバレー上達の極意の詳細を見てみる